曹洞宗 大宝山 恵運寺

恵運寺檀信徒各位

秋季彼岸会 令和3年9月23日 午前10時から

 境内での参拝とします。堂内への参拝は、法要後行えます。

 お彼岸のお参りについても、お盆参りと同様、内献でのお勤めとなります。

 

 

9月20日 彼岸参り内献中継

 

9月23日 彼岸会法要中継

 

恵運寺チャンネルで法要中継いたします。

 恵運寺youtubeチャンネル

 

京本君と岩本君が紹介してくれた赤達磨(随時受付可)

ジャニーズファンの皆様へ

赤達磨朱印の郵送対応

写経は必要ありません。
郵送納経と同時申込みも可能です。

<御朱印の対面対応について>

現在、直書き、朱印帳頒布の対面対応はしておりません。

 

御朱印対応について

9月22日、23日は、彼岸会の為、書き置き含め全てお休みです。

<郵送納経>

納経証(朱印)を希望する方

南龍公 秋のご縁日(銀龍朱印)

9月13日(月)から10月8日必着まで

銀龍御朱印に関する特設ページ

9月13日から23日までは銀龍のみの申込みとなります。
それ以外の納経証は9月25日より申込み可能です。

 

<郵送納経>

納経証を希望しない方(随時受付可)

写経をどこかへ納経したいとお探しの方で
納経証を希望しない方はこちら

 

予告 <特別企画> 予告

恵運寺 × 龍雲寺

達磨御朱印コラボ

恵運寺受付:10月15日(金)から11月20日必着まで

龍雲寺さまは11月より受付予定(10月下旬発表有り)

※どちらの寺を先にしても申し込めます。

 

特設ページはこちら(工事中ですが一部ご覧頂けます)

Due to the Coronavirus we are no longer issuing Goshuin temple stamps to the public, we apologise for the inconvenience. Please stay safe and keep isolated.

坐禅・ヨガ 当面の間休会します

日本の文化遺産である「名取三十郎の墓石」保存について御協力下さい。

 

和歌山西国三十三カ所観音霊場

 第十番 大宝山 恵運寺

  宗派:曹洞宗

  創建:1619年~1621年

  開山:天厳(岩)玄達

  開基:山本弥三郎茂成(長昌公)牟呂城城主

     天眞院星安長昌居士

 初代藩主徳川頼宣公と紀州徳川家の武運長久、廣厳無窮の安泰と山本家の顕祖長昌公の菩提を供養する為、紀州藩重臣山本圖書正春が禅寺を建立。

 

所在地

 〒640-8137

 和歌山県和歌山市吹上3-1-66

 電話(FAX) 073-424-7633

 メール info@eunji.jp

 所在地の詳細

 

<<住職のちょっと一言>>

2021/09/12

秋の彼岸がそろそろです。

今年は天候不順にコロナ禍も重なり、あまり人出は多くないかも。

 

来月から始まる栃木の龍雲寺さまとの御朱印コラボ。

初めてなんですよ。コラボ企画。

打ち合わせも要領得なくて、迷惑掛けてるかも。

鋭意企画中、乞うご期待。

 

2021/08/04

静かなお盆となっております。
よもや2年連続で、コロナの影響を受けて、お盆供養もままならないことになるとは・・・

しかしながら、できる範囲でいつも通りの御供養ができるよう心がけております。

暑さ対策とコロナ対策を万全にして、お盆供養をお勤めしましょう。

 

2021/07/24

今年のお盆も、感染対策につき、お盆参りは基本的に本堂での内献となります。
施食会についても、本堂内参拝はできません。境内参拝のみとなります。

 

2021/04/26

郵送納経~season2~ 始まりました。
一年で終わりませんでしたね。
大阪での感染拡大がひどい状況になってきて、大阪を通らないとアクセスできない当寺は、参拝の方々が非常に少なくなりました。
写経でおうち時間を有意義に過ごして頂こうと、郵送納経シーズン2の始まりです。

 

2021/04/04

桜も散り始め、初夏がもうすぐ目の前・・・というかもうやってきているような

陽気が続き、1ヶ月ほど早く季節が進んでいる気がします。

大阪の感染者が増えてきている現状は、となりの和歌山でも楽観視していられない状況と思います。

不要不急・・・難しい言葉ですが、なるべく出歩かない事しかないですかねぇ。

2021/03/01

3月になり、山門のしだれ梅の花、境内の白木蓮の花が咲き誇っています。

気温の乱高下に加え、コロナ禍も有り、過ごしにくい日々が続きますが、春はもうすぐです。もうひと踏ん張り。

 

2021/02/09

例年ならば2月限定朱印を受け付けており、毎日参拝の方々と接しているはずなのですが、今年はひっそりとしております。
去年の今頃は、感染についても危機感が薄く、通常通り受付も行っておりました。くノ一の日までは。その頃に和歌山での感染者が出て、一気に雰囲気が変わりました。忍者の日は、受付こそ行いましたが全てお預かり対応とし、2月末をもって直接対応を休止し現在に到ります。

まだしばらく通常の受付には戻れそうにありません。

「忍」の一文字。

 

2021/01/23

いよいよ2月限定御朱印の情報を公開しましたが、まさか今年の方が状況が悪化しているとは思いもしませんでした。
去年はまだなんとか参拝時の受付ができていたのですが、今年は見送らざるを得ない状況となりました。

もちろん忍者の日イベントも行えません。

どうか疫病の流行終息を願い、ステイホームで写経を浄書し納経して下さい。

 

2021/01/02

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

昨年は経験したことのない疫病禍に見舞われ、世界中が混乱してしまいました。

引き続き今年も楽観視できない状況が続いております。

一人一人の意識と感染対策が、最終的に一番のワクチンとなるのかもしれません。どうぞ皆さんお気を付け下さいませ。

 



 

恵運寺(えうんじ)〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上3丁目1番66号 073-(424)7633

Copyright 2018 Daihouzan Eiunji All Rights Reserved.

曹洞宗 大宝山 恵運寺