曹洞宗 大宝山 恵運寺
恵運寺御朱印

螺鈿御朱印

日本で唯一。
京都の伝統工芸「螺鈿細工」と「恵運寺御朱印」のコラボ。

 

郵送での対応いたします。

御参拝時にお申込いただく事も可能です。

その際は、御朱印受付日を月間予定表で確認してから来寺くださいませ。

恵運寺十王佛修復寄進趣意書

 当寺にお祀りしている閻魔大王を含む十王佛は、江戸期より閻魔堂「吉峰閣」に祀られていた仏像で、明治維新時の伽藍の統合により現在は本堂に安置されています。

 和歌山西国観音霊場第十番札所に数えられる当寺において、閻魔大王は因縁浅からぬ仏像でありますが、吉峰閣在りし日には、お堂に閻魔御籤(みくじ)が備えられており、参拝者の吉凶をその鋭い眼光の下で占っておりました。当時使用していた御籤は、現存し寺宝として保管しております。

 創建四百年を迎えるにあたり、この度十王佛の修復を発願いたしました。

 つきましては、この浄業達成のため多少に関わらず、ご賛同賜り御浄財を御寄進頂きたく伏してお願い申し上げます。

第2次世界大戦の折、空襲から守るため、油紙に包み地中に埋めて保管していたため、手足、持物などが欠損し、経年劣化以上の痛みがあります。
ただ、その甲斐あって、今にその姿を残している貴重な仏像です。

御寄進 一口 壱万円

 

  なお、本事業に壱万円以上の御浄財をご寄進いただきました方には、螺鈿朱印を謹呈させていただきます。

  この螺鈿朱印は、熟練の職人による技巧を尽くした螺鈿細工と金彩による、他に類を見ない美しい仕上がりとなっており、当寺とのご縁ならびに寄進者各位の前途洋々たる発展を祈念するものであります。

 螺鈿朱印の御姿は、閻魔修復にちなみこの御寄進のみでのお渡しとなる「破邪閻魔王朱印」と、赤達磨朱印を元にした「春秋赤達磨朱印」となります。

 どちらも眼光鋭く、魔除けと共に健康長寿、家内安全祈願にお部屋や玄関にご安置頂ければ幸甚です。

 

閻魔像の御朱印は、直書きしておりません。この螺鈿御朱印のみでの授与となります。

※注意

春秋の彼岸、お盆、2月限定御朱印期間中など、行事多端の際は、御朱印の発送が遅くなります。

郵送での寄進方法

(最後まで読んで下さい。)

 

寄進は現金書留でのみ受け付けます。

必要事項をお手元の便せんなどに記入し、同封して下さい。

 

必要事項

・お名前(ふりがな)

・寄進口数

・希望する螺鈿朱印(達磨か閻魔か明記)

 1口(1万円)につき1枚となります。

 3枚以上の発送については、送料500円を同封して下さい。

 2枚までは送料無料。

・返送先

 郵便番号、住所、氏名、電話番号

 

ご不明な点は以下までお問い合わせ下さい。

メール info@eunji.jp

電話 073-424-7633

電話の場合は、朱印受付日の受付時間内にお願いします。

朱印受付日 午前9時から午後4時

朱印受付日は下記にてご確認を。

月間予定表

 

ご注意

螺鈿朱印の発送には、1ヶ月程度のお時間を頂きます。

朱印は、輸送保護用の額に入っております。そのままお使い頂く場合は、必ず額の透明アクリル板に貼られている保護フィルムを剥がしご使用下さい。(裏表両面に貼られています。ご注意下さい。)

 

 

恵運寺(えうんじ)〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上3丁目1番66号 073-(424)7633

Copyright 2018 Daihouzan Eiunji All Rights Reserved.

曹洞宗 大宝山 恵運寺
恵運寺御朱印
曹洞宗 大宝山 恵運寺
恵運寺御朱印